友好記念の日。

本日はイタリアのVespa Club Martina Franca(マルティナフランカ)の代表と都内でお会いしました。彼は仕事で毎年この時期に東京を訪れています。それに合わせ、私たちVespa Club Tokyoのメンバーと会うことが年中行事となっています。2015年から今年で4年。私の生活環境も歳を重ねるごとに変化もあり、彼も最初に私と出会ったときはこんな感じだったのに今ではこんなにまで~と仰っていただきました。バイク、ベスパの付き合いですが、バイクだけの繋がりではないことを感じました。

▼2015年時の様子はこちら
http://j-sbr.com/2015/02/05/2015020501


*マルティナフランカと東京の友好記念の印に盾の交換を行いました。

続きを読む

アースボール。

今回、アースボールの地球アルバムコンテンツを使ってみました!

それぞれのテーマで集めてきた現地写真、印刷物、ノベルティ品などをそれぞれの国にピンを立ててみましたが、まだまだ見栄えが良くなるまでにはピンの数も少ないですし内容も薄かったです(汗。しかし、印刷物のアルバムなど内容を充実させていくと、遊んでみてみるとなかなか面白く楽しめました☆。

実際に使用してみて、見え方としてはこんな感じです↓↓。


*アプリを入れたスマートフォンやタブレットを地球儀にかざすと、ピンを立てた写真を見ることができます。


*各国で撮り歩いたその国の生活風景アルバム。


*各国で作られたベスパのおもちゃアルバム。集めてきたものがまだまだ段ボール箱に入っているので、近々撮影をしていきたいと思います。


ベスパ生産工場の写真。こちらは事前調査と現地での取材が伴うのでなかなか大変です。


*工場写真のピンをタップすると、このように写真を閲覧することができます。
フランス、ACMAの跡地にて。


*こちらはベスパが生産された国々のその当時の広告アルバム。こちらは人脈やインターネットを使用出来るので、そこそこ見栄え良く集まってきました。


*気になる国のピンをタップするとこのように写真を閲覧することができます。1998年、PiaggioとLOHIA MACHINES PRIVATE LIMITEDが提携していた時のインドの広告。

今年も、ベスパを通じて世界中の人たちと友好を広げプロジェクトを形にしていきたいと思います♪

Indonesiaの友人より。

インドネシアの友人より、お願いをしていたアイテムが届きました☆。
インドネシアの個人買に出品されていた雑誌と、インドネシアのお土産屋さんで見ることが出来る金属製のオブジェです♪。

インドネシアは50年代から既にベスパの輸入が始まり、70年代には自国でノックダウン生産を始めていました。今回の雑誌もちょうど自国でベスパの組み立てから始めたころの広告が掲載されています。


*1970年インドネシアで発売されていた、Car/motocycleマガジン。この時代のインドネシアでも自動車、モーターサイクルの趣味雑誌が売られていたようです。


*Vespa販売店の広告もありました。


Mercedes-Benz(truck)の広告ですが、よく見るとフロントにPiaggioのロゴに荷台幌にはPT Danmotorの文字とともに、倉庫の中に出荷待ち?のベスパを見ることが出来ます。それだけインドネシアでは身近な存在な乗り物だったのかもしれません。

続きを読む

NewYearツーリングに参加しました!。

2019年に入り、早速VespaClubTokyoのニューイヤーツーリングが開催されました!
この日はMexico(メキシコ)出身、Seattle(シアトル)在住のVespaClubSeattleのメンバーを交えてのプチツーリングでした。今回訪れた方は女性の方で、とにかくVespa、Lambretta、Scooterが大好きなお方で、自身もGTS、SmallFrame、サイドカー付きのP、Lambrettaを所有されており写真を見せて頂いました。

今回、私の所有する車両を彼女に提供させていただきました。
シアトルというと、数年前に2回ほどMOPED RALLY参加のため渡米し私にとってシアトルは何かと思い入れのある土地です。その際は現地のスクータークラブと会う機会がありましたが、ベスパクラブとは会う機会がありませんでした。タイミングを見てベスパクラブシアトルにコンタクトを取ってみようかなと思っていましたが、またとないタイミング、今回シアトルのバナーと東京のバナーを記念に交換することが出来ました☆。

▼2014年 Mosquito Fleet Presents: Blood Drive 9に参加した際の様子はこちら
http://j-sbr.com/2014/07/10/2014071001/

▼2012年 Mosquito Fleet Presents: Blood Drive 8に参加した際の様子はこちら
http://j-sbr.com/2012/08/09/2012080901/


*近年見かけなくなってしまった、車両への正月飾り。今回は日本っぽい雰囲気で飾ってみました。


*出発前の記念写真。この日もモデル年式問わず、この顔ぶれでのお蕎麦ツーリングとなりました。


*彼女がシアトル、メキシコから持参したステッカーやパッチ、ドリンクホルダーなど。この写真には写っていませんが、Tシャツやバナーなどこの日参加した人たちのためにお土産をたくさん用意していました!。


*お土産の中に含まれていた、ベスパクラブシアトルのマグネット。グリーンの色使いがSei Giorinのグリーンにベストマッチしていました♪。

続きを読む

新年、ナポリより。

2019年、年賀状とともにポストに入っていたのはナポリからの小包でした!
昨年末にVespa Club Napoliのメンバーとバナー交換のため私も所属するクラブのバナーを発送し、クリスマス頃に届くかな??と思いましたが、ようやく届きました。

ナポリといえばネガティブなイメージもあり、もしかしたら届かないかも??と思っていましたが、そんなことはありませんでした。むしろ日ごろ時間に追われている日本からの連絡・発送が遅くなったくらいです。

その土地の事は、実際に行って体験をしてみたり現地の方と交流を持たないとなかなか見えてこないところも多いですね!
そんなことを思いながら中目黒のナポリピッツァが食べたい今日この頃でした☆。

Grazie!

ロベルト・パトリグニの歩み – 2020年再びベスパで東京へ。

イタリア・ベスパクラブ・ピアチェンツァ(Vespa Club Piacenza)のメンバー、ファビオ(Fabio)さん、ヴァレーリオ(Valerio)さんがロベルト・パトリグニ(Roberto Patrignani)さんの足跡をたどるプロジェクトを2020年に向けて開始していることは先日もお伝えしました。

▼Tokyo2020に向けて。
http://j-sbr.com/2018/08/28/2018082801/


*ブルーの表紙が目を引くペーパーバック本です。

1964年のロベルトさんの足跡を知るうえでヒントとなるのが、2000年に発売された”IN VESPA DA MILANO A TOKYO ”ですが、今回ようやく入手することが出来ました。18年前に発売されたとのことでそんなに古いものと思っていませんでしたが、海外にある本は年数が経つと入手が難しくなるので、気になったら発売と同時に買うのがベストですね。この本もペーパーバックスタイルなので、古本ですとページ抜けや用紙の痛みも気になってきます。

続きを読む

Christmas in Tokyo 2018。

年の瀬、クリスマスに合わせて台湾の彼が東京へ遊びに来ました!
先月、私が台湾を訪れた際にお世話になった方ですが、今年は買い物関係や5月も東京を訪れており何かと接する機会、過ごす時間が多い年となりました☆。今回も買い物が目的。なんでも彼好みのファッションアイテムが東京に集まっているようで、今回は来日したそうです。

▼11月の台湾の出来事はこちら
2018 21st Vespa Day Taiwanに参加しました!。

▼5月の東京での出来事はこちら
Weekend in Tokyo 2018。


*今回は休日と重なっていたため成田までお出迎え出来ました。

クリスマスに合わせての来日でしたが、今年のクリスマスはちょうど日本でも週末・祝日と重なっており、出迎えることが出来ました。5月に来日された際は平日の何でもないときだったので、週末の短い時間しかお付き合いすることが出来ませんでした。

続きを読む

21st Vespa Day Taiwanのワッペンを受け取りました♪。

今週は都内での受け渡しの機会がありましたので、このタイミングで先日台湾で開催された21th Vespa Day Taiwanのワッペンを受け取りました♪。

当日、会場ではお互いバタバタしていたという事もあり、受け取りそびれていました。
おまけに当日会場でイベントグッズを買いそびれていたという事もあり、イベントのロゴが入った記念品を入手できるのはとてもうれしい限りです。

今年参加しました、第二十二屆台灣國際偉士會師(21th VespaDay TAIWAN)の様子はこちら。
2018 21st Vespa Day Taiwanに参加しました!。

今週は、本当にありがとうございました!

イタリア旅行のお土産。

今年の上期、イタリアを旅行していた友人に、お土産をいただきました!
お互いなかなか時間が合わず、このタイミングとなってしまいましたが、都内で開催されていたイベントで会うタイミングが出来、受け取ることが出来ました。

▼Vespa RUN in TOKYO Nov.,2018の様子はこちら
http://j-sbr.com/2018/11/23/2018112301/

フィレンツェで入手したとのことで、封筒にはフィレンツェの紋章が入っており、ワクワクします。

中身は、1960年に撮影された写真に2台のベスパを中心に若者たちがモーターサイクルや自転車にまたがる様子が写されています。壁に掛けたりなど飾れるようフレームの中に収められており、ちょっとしたところに飾るのにはとてもお手頃です♪

Cattedrale di Santa Maria del Fiore(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)からアルノ川へ向かう中間付近に写真を販売するお店があり、そこではフィレンツェを中心とした場所で撮影された写真・古い写真を取り扱っています。ベスパが写るこの写真以外にも、自動車・モーターサイクル関係、そのほか街並みの様子、人々の生活の様子を収めた写真などまだまだあります。WEBでもサンプルを見ることが出来ますので、ぜひチェックしてみてください。今イタリアに行っても見ることが難しい昔のイタリアの雰囲気が伝わってきます。

▼MOTO関係のサンプル写真はこちら
http://www.torrinifotogiornalismo.it/p/17704/motori.html

フィレンツェを訪れた際は、観光に散歩、このような商店を覗いて、昔の雰囲気が伝わる写真探しも楽しいかもしれません。今回このお土産を通して、このようなものが入手できると知りましたので、私も次回行く機会があれば何種か買って帰りたいと思いました☆。

Vespa RUN in TOKYO Nov.,2018

本日はVespaClubTokyo主催のVespaRUNが都内にて開催され、同日汐留イタリア街にて開催されているCoppa di TOKYOへ合流をしました!

今回は、少しノスタルジックな雰囲気の写真でお伝えします♪。

この日は、イタリア・モデナの友人も合流し一緒に参加をしました。
彼は今年も日本を旅行している日本好き。今年は秋の紅葉を目当てにこの時期に来日していました。共通の友人とは岐阜の方へトレッキングを楽しんだとか。この時期の岐阜エリアなら紅葉を楽しみながらのトレッキングは楽しそうです!。彼は2004年にも11月に開催されるこのベスパクラブのイベントに参加しており、また参加したいと残り数日の東京はこの日のために合わせたようなものです。

▼昨年の様子はこちら
モデナのベスパ乗りの日本旅行☆。

Vespaグループは昼集合のため、私を含め、数名は集合時間までの間はイタリア街へ向かいClassic Car Rallyがスタートする様子を見学しました。今年のCoppa Di Tokyoのイメージポスターには、ベスパとクラシックカーに乗る男女がイタリアの街中をすれ違う様子が描かれており、ポスターやグッズ販売もされていたため、皆さん入手されていた様子でした。

続きを読む