2013.08.フランスツーリング。

2013年の夏休みはフランスへ。当初考えていた土地への出発を変更してフランスに行ってきました!。当初の土地への予算から考えればだいぶ割高になりましたが、それでも、とても楽しく充実したひと時でした。

以前のアメリカへのツーリングはMOPEDのイベントへの参加。以前の台湾へのツーリングは現地のVespa乗りの方々の交流。今回のフランスへのツーリングは、現地でVespaをレンタルをして地方へ出て町や村を見て回るツーリングと言うものでした。

事前に手配をしていたVespaをパリでレンタルをし、南へ。南には今回お声を頂いた知り合い宅があり、しばらくの間知り合い宅にてお世話になり、なんとなくフランス旅行と言う感じのパリでホテルに泊まってレストランやカフェ、ショッピングを楽しみと言うよりは、ベスパで毎日ツーリングして、バケットのお弁当を持っていって川べりや中庭で食べたり、大聖堂や古い家々を見て回ったり、お誕生日パーティーにお呼ばれされたり、葡萄畑で有名なところへ案内していただき、ワインのことを教えていただいたりと、あまり乗り物に密接していない、そんな感じのフランス旅行でした。

初めてのヨーロッパの道路。交通事情は直ぐに慣れました。右側通行。スピード、逆走、信号無視の取り締まり。しかし、道路事情がなかなか慣れず(汗。日本のように碁盤の目のように街が広がっていなく、常に街の中心から放射状に町が繋がっていて、町と町の間の交差点がロータリー式と言った具合。パリを出発する際、環状線を越えるまでがまた一苦労で、環状線が道が広く流れも早く、本当に125ccのスクーターが走って良いのか?とか、いつの間にか高速道路に入ったら嫌だな~と思い適当に環状線から外れて、普通の道で行こうと進めば工事中でそこから迷子の泥沼(汗。結局遠回りしつつとても時間をかけてパリから離れることが出来たといった具合でした。

パリ市内は、キリが無いほど普段から興味の持っているVespaやPiaggioScooterが走っていたり、そこら中に止まっていて、日本では輸入車になる自動車が普通に走っていて、逆に日本の自動車が輸入車なのでおっと反応をしてしまったり。食事も高級なお店には行っていませんが、チーズやハム、バケットなど、どれもコレも自然の味がとても美味しく、飽きることがありませんでした。もちろん、フランスならではの料理も日本であまり食べに行く機会も無いのでどれもこれも美味しかったです。何はともあれ、人から聞いた話し、本や雑誌、インターネットでしか見たことが無かったものが目の前にあるとどれもこれも新鮮で、それらがすべて自分の目の前で現実になっていることが嬉しかったです。

初めての土地で、言葉も通じない土地。慣れない道路事情で、向かう先には知り合いがいるけれど、その間や主な観光中の時間は一人での行動。高速道路の料金所でカードしか使えないレーンなのに自分のカードが使えなくて困ったり、思っていることが伝えることが出来なくて不自由をしたり、すべてが順風満帆な旅行と言うわけではなかったのですが、終わってみれば物足りなさが残る、また行きたいと思うフランス。また同じようなやり方が出来ればだいぶやりやすくなりますが、次また行くなら、街と街を転々と移動して、道中の村々を見て回ってなんて出来たら。また、違う角度からフランスを見ることも出来ればとも。そんなこと、とてもとても時間とお金が間に合いませんが、タイミングが巡り合わされば、またツーリングしに行きたいです♪。

走行距離1227km。
燃費:普通に移動したときリッター29km。急いで移動したときリッター24km。