VIETNAMで新年を迎える2015。

2015年の新年はVIETNAMはSAIGON(Ho Chi Minh City)で迎えました。年末年始の休暇はどこへ行こうと考えた際に、コンタクトを取り反応があれば再びベトナムに行こうと思いました。と言うのも2014年の7月にベトナムを訪れた際に現地の方からコンタクトがあったのですが、その際はやり取りしている時間が無く帰国してしまいました。そのようなタイミングで改めてメッセージを送ってみると是非遊びにおいでとの事で、希望通りのフライトも確保できたので、ベトナムへ向かいました。

狭く広い世界。

今回は、日本からハノイ行きの飛行機に乗り、そこからホーチミンへ。明け方前に家を出て空港へ。そして、ホーチミンに到着したころにはすっかり日が沈んでいて一日中移動ばかりでさすがに疲れます(笑。ハノイの空港は第2ターミナルがオープンしたばかりでちょっと戸惑う場面も。しかし、何とか無事にホーチミンの空港で迎えに来ているAnさんと合流することが出来ました。

今回はAnさんを初めLambletta Club Vietnamのメンバーとご一緒させていただき、案内をしていただきました。旅行中何よりも嬉しかった時間は、ショップの前にテーブルを広げて彼らとグラスに入ったSaigon BeerをYoと言って乾杯出来ているときでした。テーブルを囲んで彼らが何を話しているか、又は今そんなことを馬鹿話をしているんだろうなと、ベトナムの言葉はまだぜんぜん分からないのですが、なんとなくそんな感じが伝わってくる時間がとても良かったと感じました。また、7月は現地の方とは絡まない旅行で、食べ物も食べ方や、より上手な食べ方が今回共にする時間が多かったことにより、分かったり、見聞きして体験できたことにより、今まで遠い存在だったベトナムの生活と言うのが少しずつ見えてきました。また、自分の知る限りのベトナムのこと、ホーチミン市博物館に連れて行っていただきベトナムの歴史を見て(文字は簡単な英語しか分からないので)、改めてインターネットで調べたりと、ベトナムのことを少しでも調べてみたいと言う気持ちになりました。

数日間、サイゴンでAnさんにお世話になり、私はそこからハノイへ。ハノイでの数日間は待ち合わせをしている予定も無かったので、自分の行きたいところを行っていました。サイゴンでAnさんと一緒にいた時間もそれなりにあったのでベトナムでの食事や買い物もだいぶ抵抗がなくなりました。また、現在ホアンキエム湖付近にあるイタリアンハウスでベトナムとイタリアが国交が始まって40周年の催しが行われています。イタリアの文化を伝えると言うことで私が訪れた期間は、Vespaがテーマになっており、メーカー、ベスパクラブが車両や、イベントグッツ、資料などを展示していました。

と、短い期間でしたが、乗り物の用事で旅行に出かけていますが、今回のベトナムでの旅行は大変濃く、大変貴重なものとなりました。このような旅行に導いていただいた現地の方々にはとても感謝しております。また、そのような生活を送れたことにより、自分の持っている日本の情景写真を見ると日本と言う国が懐かしく思え、また、素敵な国なんだと改めて感じることが出来ました。海外から日本へ訪れた方にも、もし、このような仲間の繋がりで訪れたら、日本の深いところも見て体験できる機会があると良い旅行にもなるのではないかとも思いました。

半年振りに訪れたベトナムですが、半年間で印象が変わった部分もあったので、また是非訪れたい国の一つとなりました。現地に友達が増えると行く理由が出来たり、だいぶ近い存在になります☆。

Cảm ơn nhiều^^