今年もベスパクラブMartina Francaのメンバーと再会。

毎年仕事で東京を訪れるベスパクラブ・マルティーナフランカのメンバー。今年もお会いすることが出来ました☆。昨年の11月そろそろ来る頃かな?とこちらから今年も東京に来ますか??と訪ねたところ2月に行く予定だよと返事を頂き、気が早かったようです(笑。

今年はいつもの滞在先のホテルとは違い渋谷駅に程近いホテルでした。今回もホテルのロビー待ち合わせで連絡を取りながら再会しました。と、その前に、彼のスマートフォンが出発前に壊れたようで、彼の奥さんと私の奥さんが日時場所のセッティングを行っておりました。私もちょっと立て込んでいたのでスケジュール調整を変わりにしてもらったのは大変助かりました☆。


*彼の仕事仲間も交えて記念写真。彼らもホンダのオートバイ、BMWオーナーと言う顔ぶれでバイク仲間大集合でした♪。


*今年はいつもにも増してお土産が多いことにビックリ!。

当日、約束の時間ギリギリにホテルに到着したタイミングで、彼の奥さんから遅れているから1時間待ってと言う連絡を受けました。1時間も待っているのもなんなので、先に食事を済ませることに。バイクを止め表通りで食べるところを探しながら決めた1軒のラーメン屋さん。寒い日には温かいものが食べたくなります。食券を買って外で並んで待っていると背の高い男性二人が目の前を通り過ぎていきました。私がおや??と思ったところで奥さんが○○さん!?と声を掛けて、彼も直ぐに気が付きました。こんなとにかく人が多いところで見つけるなんてなんとも偶然と思いながら、食事が終わったらホテルに行くよ!と言うエピソードがありました(笑。Buon giorno!と声を掛けられても、普段イタリア語に慣れていないので戸惑ってしまったところでしたが、彼が、イタリア語だった!と直ぐに切り返したところが面白かったです。


*ラーメン屋さんの前で順番街のさなか、偶然にも彼と出会う。


*今回は和菓子を用意。このお店の英語版のカタログで他の和菓子を紹介してみたり。


*ベスパに乗る彼が持ってってきたベスパクラブのグッズを他の仕事仲間でもあり、同じバイク仲間の彼らにも色々説明していました。


*彼が電話をしている最中におふざけ中。ヨーロッパはちょうど昼過ぎ。電話が繋がった相手には電話繋いでいただけました☆。

今回、彼は自分のクラブのグッズのほかにも周辺地域のベスパクラブのグッツズ持ってきておりました。Martina Franca周辺のVespaClub・Taranto、Bari、S.Spirito Palese。その他FIM(FederazioneMoterciclisticaItaliana)、イアリアのフォルクスワーゲンのグループのグッズ、彼の奥さんの職場のカレンダーなども。とにかく今回は他の地域のものまで用意されてくるとは思ってもいなかったので、後日VespaClubTokyoのステッカーを改めて持っていくことにしました。


*VespaClubMartina Francaのグッズ。スカーフにクラブロゴのステッカー。昨年はベスパ70周年記念と言うこともあり、イタリアのベスパクラブのギア部分は色と形が統一されていたので、そのバージョンのステッカーも用意していました。クラブのマークにはこの土地のランドマークの一つであるPorta di Santo Stefano(サント・ステファノ城門)があしらわれております。


*VespaClubS.Spirito Paleseが開催したラリーイベントの記念グッツ。ステッカーとかではなく、パッチにメタルバッジ。メタルバッジにはゼッケンと自分の名前を刻むと言うもの。とても素敵な記念グッツでした☆。クラブのマークには彼らの地域が赤く印されております。


*VespaClubBariのソフトバッグとステッカーも頂きました。バッグの表には彼らがランをしている様子の写真がプリントされておりとてもかっこよく、側面には連絡先が書いてありました。バーリはアドリア海に面したローマ時代から港町として栄えていたためクラブマークには船がトレードマークとなっております。インターネットで調べてみるととても綺麗な街なのでのんびり訪れたくなります☆。


*VespaClubTarantoからはナップサック!。ターラントの街のマークは神話に出てくるポセイドンの息子がイルカに乗ってターラント港に到着したところがモチーフとなっており、このクラブではイルカではなく、ベスパに乗っているのがクラブマークとなっておりユニークです(笑。

初日は夜もふけ、後日ステッカーをフロントに届けるので受け取ってくださいと伝え、また来年も再会することを約束し、分かれました。本当に短い時間ですが、とても賑やかで楽しい時間でした。日本のベスパクラブももっとバリエーションに飛んだものがあればと思うのですが、なかなか日本ではないのでそうは行かないのですが、、、。それでも彼らは、仕事で東京に行けば日本のベスパ乗りに会えると楽しみのひつとつとしているようで、仕事の息抜きにもなってもらえたらと思います。もちろん、私たちもイタリアとの交流の架け橋となってもらえる彼らによって遠いと感じるヨーロッパ・イタリアが身近なものになっていくのは素敵なことと思います。

と、後日ステッカーを届けにホテルへ。ホテル前にバイクを止めようとしたところ、ちょうど彼がホテルから出てきたところで再会しました(笑。Buona sera!どうしたの??と声を掛けられましたが、いやいやステッカーを持ってきたんだよ!と(笑。この日はまた違う彼の仕事仲間と一緒で、また、外でバイクと一緒に記念写真。そして、ホテルのロビーで彼の仕事仲間がNicoraを知っているか??と動画サイトを開いて彼だよ彼と。もちろん、彼はとても有名なベスパの曲芸師なので知らないはずはありません(笑。仕事仲間の彼もベスパクラブのメンバー?なのか?と聞いたところベスパは持っていたけれどベスパクラブのメンバーではないとの事。しかし、Nicoraさんとは家が直ぐ近所で、彼は毎日家の前でウイリーの練習をしていたよとまだ有名になる前の話を色々聞くことが出来、なんとも世間が狭いなと感じました(笑。

↓Nicoraさんが過去に出演したショーの様子はこちらからチェック!


*2回目はヘルメットをいつも被っているイタリアの老舗ブランドAGVでした。彼らは、お!AGVだ!AGV被っているんだね!と自分の国でおなじみのものを身に着けているととても反応し嬉しいようです☆。


*バイクと一緒に記念写真☆。

偶然にも2日も連続で再会することが出来たVespaClubMartina Francaの彼。次こそ来年もまた再会をしよう!と約束をし、分かれました。いつも日にちが伝わるのが直前で、その日の都合もなかなかタイトだったりすることがあるので、毎年こうして必ず会えるというのは嬉しいこと。いつもはホテルのロビーでのミーティングですが、次はお茶を飲みながら、軽く食事が出来たら良いなと思います♪。