Vespa Rally Tokyo 2017の週末。

毎年3月の春分の日はべスパクラブ東京のメンバーが開催しています“VespaRallyTokyo”。都内最大級?と言うだけあり今年も多くの方々が集まり、私も参加をしました♪。参加とは言いつつも旗振りでもありますが、このようなオーナーズクラブ主催のイベントは楽しくするのもつまらなくするのも、盛り上がるのも盛り下げるのも参加する人次第だと思うので、自分も一参加者というスタンスです♪。参加をしなくては何も始まりません。


*今年からイベント・記念写真用の大きなバナーが用意されました☆。


*インスタグラムより、表参道を通過中の様子。


*前日、ドイツの方とロシアの方が滞在しているホテルへバイクを配車した後、夕食はイザカヤへ!。ロシアの方は、度数が低いけれど(ウォッカ比)と、辛口のサケを飲み続けていました。


*私が花粉症で辛そうにしていると、嗅ぎタバコで鼻がスーッとするよと自分にはあまりなじみの無い嗅ぎタバコをもらいました。


*初日の夜に、彼の着ていた服はべスパ関連。特にヨーロッパの方は自分が参加したイベントのワッペンをジャケットに貼る習慣があり、彼のジャケットには数々の参加したVespaWorldDaysのワッペンが貼られていました。

今回は昨年末のRUNに続き京都の方々も参加をされ、ブランチに続き熊本のメンバーも参加をされました。東京・神奈川をメインとした一地方イベントにもかかわらず皆さんアクティブです!。熊本のメンバーは今回も宿泊場所とバイクをサポートし、一緒に参加です☆。

そして、そんな地方イベントにもかかわらず今回はロシアのサンクトペテルブルグのメンバー、ドイツ大手SIP Scooter ShopのメンバーがこのRUNに参加をされ日本のべスパシーンを楽しまれておりました。彼らは今回参加された方々の為にと遠方からの参加にもかかわらずお土産を用意していただき本当に感謝です☆。

ロシア、ドイツの方々にも自分が車両を用意し、彼らが参加しやすいように今回もサポートをしました。また、これには車両や英語、ロシア語をサポートしていただいた方々もいたので、本当に助かりました(基本は英語ですが)。彼らもそうですが、べスパクラブを通じて海外のべスパ仲間と一緒に走る楽しみは知ってみるので、規模こそ小さいですが彼らも日本でのRUNに満足をしていただいたようで何よりです☆。


*ミーティング当日の朝。自宅から彼らの滞在するホテルへピックアップし、集合場所を目指します!。


*我々は現地の準備があるため、一時間前から現地にいるのですが皆さん集合時間ギリギリで来るので今回はどれくらい集まってくるのかいつもドキドキです。


*ぞくぞく集まってきました。


*神奈川組が合流しいよいよ出発。


*RUNの様子。


*さすがに途中は、3つのグループに分かれての移動になっていたようですが、皆さん都内を回ってランチポイントを目指します。


*RUNでの一コマ。


*ランチポイントまで後もう少し。


*ランチポイントに到着し、何を食べようか相談中の様子。

今回、熊本の方はミーティング前日の夕方に東京入り。もちろん飛行機です。そして、ミーティングが終わったらそのまま空港へ向かい帰ると言う弾丸スケジュールでした。もし、ミーティングがズルズル延びたり、車両トラブル等でスケジュールがずれたらフライトが、、、と言う心配もありつつと言う1日でした。また、ドイツ・ロシアの方も、2週間ほどの日本旅行。当初は日本滞在の前後を東京で過ごし、間の日程を京都・大阪・広島を巡るスケジュールだったそうですが、もし春分の日のミーティングに参加するなら車両を用意するよと伝えると、スケジュールを変更し、関西エリアからいったん東京に戻るスケジュールに組み替えて参加していました。ちなみに京都に滞在中はべスパクラブ京都のメンバーとミーティングをしていたようです。
http://ameblo.jp/chop74s/entry-12261399618.html
他にも遠方から参加している方々もいましたが、私の把握しているのはそんな感じで本当に皆さん好きなんだな~と感じさせました。


*ランチからの再集合の様子。この日は気温も上がりとても春めいていたので、過ごしやすくRUN日和でした。


*インスタグラムより、こちらも雰囲気のいい感じです♪


*Vespa以外にもLambrettaもグループで参加しているので、さまざまなイタリアンスクーターを見ることが出来ました☆。


*RUNの最後に、今回私とメインに行動を共にした方々と記念写真☆。

今回は自分を含めて3つの人の動き、3箇所に及ぶ車両の動きなどがあり、当日のフライともありと、効率も求められたので人と車両の動きを2日間3グループに分けたスケジュール表を用意したりでした(汗。自分がバスみたいなトラックと言うある程度の人とバイクを一緒に移動できるものがあれば、それぞれをそれぞれの箇所でピックアップし、それらすべてまとめて移動して一箇所で滞在できたらそれはそれで楽だろうなぁと思いますが、それはなかなか、、、。それでも周りの協力もあり、彼らも東京のミーティングに参加することが出来て本当に良かったです。


*バイクをそれぞれの箇所へ戻しつつ、順繰りホテルへ戻ります。


*途中、日本のビンテージスクーターをメインにやっているお店へ立ち寄りました。ヨーロッパの彼らに日本のビンテージスクーターを実際に目の前にしてはどのように見えたのでしょう??こちらも事前にご挨拶をしていたので→→


*→→なんと、とても興味深々だった一人が試乗をさせていただき、興奮気味でした(笑。

ここで、熊本のメンバーとはお別れ。彼は電車で空港へ!。そして、バイクも片付けたり入れ替えたりしつつ、もう数箇所寄り道しつつ、バイクを片付けてタクシーでホテルへ~~。


*夜はいったんそれぞれバイク、荷物を置いて再び集合をし、イザカヤへ。祝日と言うこともあり、パッとするお店も見つからなかったので、昨日に引き続き同じお店へ。この日の夜は、ロシア語英語が堪能なメンバーの方が合流していただいて、疲れ切って花粉の症状がどうにもならなかった自分には本当に助かりました。


*この日の様子を撮影していた動画や写真を見せてもらいました☆。


*彼の彼女さんの写真も見せてもらいました。彼女さんもべスパ乗りなのですが、さすがロシアと思うほど体がとても柔らかいのは本当に驚きの写真です!。


*サケにご満悦でした(笑。

自分の語学力の低さにより、なかなか彼らと密な話に加わることが出来ませんでしたが、こうして彼らが日本でのべスパシーンを見て体感して彼らの住む土地で土産話でもしてもらえたらなによりです。
このRUNミーティングも20年の時を刻んでおりますが、私に引き継がせていただいてからも古くからの馴染みの方々も多く参加され、また、最近べスパに興味を持った方や、遠方、そして海外からも参加されるという感じです。ここ最近は、ピアッジオグループジャパン代表の方と日ごろやり取りをし東京モーターサイクルショーにべスパクラブを招待をしていただいたり、べスパクラブ東京のミーティングにも遊びに来ていただいています。今度は日本のべスパクラブのメンバーでイタリアンディナーパーティーをしようという話になってるので、楽しみです☆