インドネシア・プランバナン寺院群に到着しました!。

Vespa Club Indonesia主催のAsia Vespa Days2017に出席する為に、開催地のインドネシア・プランバナン寺院群に到着しました!。
今回、Vespa Club Japanの代理も兼ねてVepsa Club Tokyoとして来ていますが、やはりメインステージに参加国として自分の国の国旗も並んでいるとなんだか嬉しく思います。
メイン会場のオフィシャルショップが並ぶテントの一番端でスタッフの方と話をしていたところ、そこに東京のメンバーがいるとわかった人たちが集まって来てしまい、数十分間ベスパクラブ東京のメンバーとの撮影会とステッカー交換会会場のテントになっておりました(笑(笑顔し続けるのって大変w)

そして、会場の一般パーキングスペースにはおびただしい量のベスパが止まっていて、道中色々あり到着した時はとても感激でした(笑。夜になっても続々と到着するベスパが流れ込んで来ており、付近の市内まで溢れていました。2日目のメインはパレードですがこの台数、どうなるのかワクワクです(笑

実はジャカルタのスクータークラブに合流し、ジャカルタからプランバナンまで道中同行をさせて頂きました。さすがに約530kmの道のりは結構大変でしたが、道中は日本では経験出来ないとても貴重な時間でした。しかし、ペースが上がらないので途中から離脱して本職のガイドさんとともに向かうことに。会場まで100km圏内に来ると多くのグループが休憩していたり追い越していたりする光景を見るとみんな同じ目的で目指していると思うとなんだか感動すら覚えました。なんせ、インドネシアはジャワ島をはじめとする1万3466の島から成り立っておりそれでも日本のミーティングとは比べ物にならない程全国各地のベスパ乗りがここに集結しています。

2020年。それまでヨーロッパで開催していたVespa World Daysがここアジア地域のインドネシアで開催で開催されます。
アジアのオートバイをうるさく言う人も耳にしますが、明らかにエネルギーを感じます。エネルギーが凄すぎて、2サイクルの煙がとても凄く環境と騒音と駐車スペースを配慮したら今後やばいと思いました(笑(日本的考え)。
日本にもベスパがあると忘れ去られないようにVWD2020はベスパクラブを通じて日本からの多くの参加者をお待ちしております♪

オートバイは年齢関係なくこのくらいアクティビティでダイナミックで交流ゆたかな方が面白いと思いました☆