インドネシアTRIP2017。

無事に東京に帰宅しました。
ベスパが生産された国を訪れるバイク旅行として7月の韓国に続き、VespaClubのASIA VESPA DAYSのエントリーを兼ねてインドネシアを訪れました。

バイクに対することは勿論、この国(ジャワ島)のことを含めてスケール、カルチャー、文化、価値観の違いが20代前半に訪れたアメリカモペッドミーティングの時のように想像を遥かに超えていました。
こんな経験は本当に久しぶりというか、そんな経験は学生年齢で終えたかったですw。強烈すぎて日本での日常から目が覚めた感じです。
ベスパが生産された国を訪れるバイク旅行として大きいところでは、インドがまだ残っているのですが、インド旅行のエッセイ本とか読んでいると相当な心構えと覚悟が必要と感じました(笑。

 

 

 

それでも、現地のスクーターリスト・ベスパ乗りと過ごせた時間は本当にかけがえのない時間であり、帰りの飛行機で想うと本当に自分にとって貴重な経験でした。
“Vespa”と言う一つの乗り物をテーマに各国を訪れると本当にその国のことが色々と見えて経験し比較が出来、とても面白いです。

会場へ向かう道中や会場付近を後にするとき、お互い直接は知らないもの同士でも、同じベスパ乗りとして手を振れば気がついてみんな笑顔で手を振っている光景は本当に気持ちの良いものでした。もう少し言うと、ミーティングに参加する人ではない普通にベスパに乗っている人でもこの国ではすれ違う時にクラクションを鳴らしたり手をあげたり挨拶をしてきます。

 

 

どの国も現地の方と過ごす旅行の後、そんな環境で一緒に過ごせた数日間。帰りの飛行機で感動出来るバイク”ベスパ”は本当に素敵です。
今回出会ったジャカルタのスクータークラブのメンバー始め、お世話になった多くの人たちに感謝します。また、海外から東京へ訪れたベスパ乗りが東京でも同じような気持ちになって貰えたら幸いです。

Terima kasih~