東京のモスクでの結婚式。

モスクといえばイスラム教の礼拝堂ですが、今日は東京にあるモスクで開催された結婚式に参列しました。

というのも、昨年の夏にインドネシアを訪れジャカルタからジョグジャカルタまでの道のりにお世話になった方の息子さんがこのモスクで結婚式を挙げるとのことで、お父さんと再会できるチャンスにご招待していただきました。
昨年の夏での出来ごとはこちら。
http://j-sbr.com/2017/09/17/2017091701/

当日は東京でも桜が咲き始め春の陽気に包まれておりました。

現在彼の息子さんは日本に住んでおり、拠点は名古屋・岐阜。今朝東京に到着し、結婚式を挙げその日のうちにトンボ返り。小型のバスを貸し切りはるばる東京まで。
日本各地にもモスクはありますが、やはりここのモスクが一番良いとのことで、はるばる東京までやってきたようです。両家家族、お友達さんと人数もそこそこいて、自動車で東京から名古屋までだいたい6時間。日帰りでこなすとはなんともすごいという印象でした。

そのこともあり、今回お父さんと東京で再会することができ、普段体験する機会があまりないイスラム教式の結婚式を見ることが出来ました。


*ここはトルコ式のモスク。とてもきれいな内装で、調度品等はすべてトルコから輸入したそうです。


*結婚する新郎が新婦へ贈る品。礼拝をおこなう際に使用するマットと衣装だそうです。


*このような雰囲気。


*家族祭(なおかつ東京に住んでいる友達のみ)のため、こんな感じでした。

イスラム教の結婚式ってどうなの??とはじめは思っていました。日本の結婚披露宴感じではなく今回は家族祭というもの。パーティーは翌日地元(岐阜)にて行われたそうです。参列される方々の服装も割とラフで、私はスーツで行きましたが小奇麗な恰好ならOKという雰囲気。お祝いのお金や品も用意することはなく、とにかく二人の結婚をみんなで祝うというものでした。もちろん女性の方は肌の露出のスカーフを頭からかぶったスタイルです。


*割と自宅近所だったので、今日はベスパで向かいました。せっかくなので東京でもベスパを含めて記念写真。この後、日本のナンバープレートと記念写真を撮ったりも☆。


*この日出会った方とも記念写真。彼もインドネシアでは自分のベスパを持っていたそうで、毎日のように乗っていたとのこと。今は日本で暮らしているので手放してしまったそうですが、近々またインドネシアに帰るので、また買いたいと言っていました。インドネシアで走っているような普通のオートバイではなくやはりベスパが良いそうなんです。


*この日、カメラ機材を持ち込んでいた彼らですが、お父さんがリクエストしベスパと一緒に写真を撮ってもらう二人。彼自身もベスパが好きなので、日本での良い思い出の一つになったと思います☆。

余談ですが、インドネシアでも2000年?までPXスタイルのベスパを生産していました。現地での最終型は150㏄分離給油、フロントディスクブレーキを装備しておりイタリアで生産されていたPXの仕様に準じていたそうです。それでも違いというのもあり、インドネシアのPXのメーターパネルにはオイルランプが装備されており、チョークレバー付近に樹脂製のオイル窓が無いそうです。私も先日日本でその辺の仕様に詳しい方から話は聞いていましたが、現地の方がこうして実際にイタリアで生産されたPXを見てその個所を指摘するということは、特徴的な一つなんだと実感しました。


*日帰りでの東京。帰りも長い道のりですが、気を付けてと。また再会をできたらと挨拶を交わし帰っていきました。

いつまでもお幸せに。
次のタイミングにはまた彼のお父さんと一緒にSakeを飲みながらバイク話をしたいものです。
もちろん日本の居酒屋で♪。