オーストラリアより・Lambretta Club South Australia。

今夜はベスパクラブのミーティングで、Adelaideに住んでいるランブレッタ・クラブ・サウスオーストラリアのメンバーと新宿でおしゃべりでした♪。この4日間東京を観光したのち次はアメリカへ行くそうです。


*日本の成人男性の体格と比べてかなり大きいですね!


*ベスパがメインの私ですが、古い自動車雑誌などには当時日本が新車で輸入していた時の広告なども出ています。今回コピーして持っていったら、すごい興奮して喜んでいただけました。


*彼からも現地の古いカタログやステッカーなどをいただきました☆。私も50sやET3などvintageシリーズが売られていたころのオーナマニュアルやカタログをプレゼントしたところ、そちらもびっくりしながら喜んでいただけました☆。

LambrettaといえばMilano!Casa Lambrettaはもちろん、過去にLambrettaが生産されていた工場跡が今も残っているということで、彼らも訪れていました。給水塔が目印。やはりファンならたまらない場所のようです!。

彼らがLambretta工場跡地を訪れた時の様子はこちら。

ドローンから撮影された様子はとても素敵です。
当時は横切る道路はなかったようで、給水塔の下や周辺も建物が建っており完成された車両が並べられていたようです。何よりも戦中の写真を見るとそのころから残っているシンボルでもあります。


*そんなこんな、英語は得意ではありませんが時間はあっという間でした。彼はスクーターサービスショップのメカニックでもあるので、実はベスパも得意だったりするのです。8インチの150Superもオーストラリアに多くあるようで、興味深いことに当時は郵便局で使われていたそうです。


*彼からいただいた、カンガルーがシンボルになっているLambretta Club AustraliaとMagpie(カササギ)がシンボルになっているLambretta Club South Australiaのステッカやパッチ。国や地域のシンボルがクラブマークになっているのってスーベニア感があり素敵です☆。

話は尽きませんでしたが、彼も旅の途中なので今夜はここらへんで。
スクーター・オートバイが盛んな地域は楽しそうでその様子が伝わってきました☆。