Hong Kongより遊びに来ました!。

香港よりHong Kong Scooter Powerというスクータークラブのメンバーがが遊びに来ました!。
ちょっと急なアポイントでしたが、私も興味がある香港。近所まで来ていただけることになったので、さっそく会おう!という事になりました。


*この日は家族で迎えました☆。


*カンパーイ!

さて、今回お会いしたのはベスパに乗り始めて1年の女性でした。彼女はVespaClubHong Kongのメンバーでもあるとのことですが、Hong Kong Scooter Powerというクラブの方が好きなようです。なんでも、小さいクラブですが、クラシックベスパ、モダンベスパに分け隔たり無くトラブルがあれば仲間たちが相談に乗ってくれたり手伝ってくれたりと何かと頼りになれて、どこかツーリングに行けば写真を撮り歩いて楽しんでいるそうです。


*一軒目はタコ焼きに、まずは一杯♪。


*二件目はお好み焼きと、東京の食べ物ではありませんが、平日でお店も好いていましたし、わいわいおしゃべりしながら食べられるのはどこの食事でも楽しいですね☆。

そんな彼女になぜベスパなの?と聞いてみたところ、彼女はベスパのほかにもサーフィンが趣味だそうです。職業はライフガード。彼女はサーフィンのために旅行に出てアジアを中心としたいろいろな国の波を楽しんでいるそうです。サーフィンが趣味という仲間たちも世界中にいて、いつでもどこでも仲間に会えるところが楽しいそうです。ベスパも世界中にクラブがあって、今回の私たちのように日本に来たら会える仲間がいるからベスパが良いそうです。また、自宅から海まで出るのにもベスパがちょうどいいらしく、彼女の愛車はET8というモデル(イタリアモデルET4)。ピンク色の車体は女性らしくとてもかわいらしいです。


*スマートフォンを使い写真を見せあいながら、話が止まりません♪


*私の旅行記が掲載された紙面に興味があるらしく、写真をたくさん撮られていました。

香港の風景の一つといえば、思い浮かべるのがクーロンシンザイ(九龍城砦)でしょう。増築に増築を重ね独特の風情を出していたアパート群。それと同じように?こじつけに近いかもしれませんが、ベスパもあります。香港では、国際輸送DHLやピザハットでもベスパが使われていました。もっと古い時代には警察車両としても有名です。他にも、サイドカーを取り付けたアイスクリームショップなども、香港ならではの風景のようです。
また、香港のミニカーブランドTinyはそんな香港で見られる乗り物やその風景を再現したジオラマキットを販売していますが、ラインナップにはそのようなベスパのミニカーも用意されているので、香港ならではの風景として人々の記憶にあるようです。


*今回、ステッカーと缶バッチをいただきました☆。Hong Kong Scooter PowerはTinyとコラボしたパッケージのミニカーを作っていたりしてなかなかアクティブなクラブです。また、以前から個人的にTinyのミニカーは集めていましたが、このタイミングでジオラマキットも買っておきたくなりました(笑。

クーロンシンザイは1994年には取り壊され、それに似たツァックユイツォン(鰂魚涌)にある海山楼もSNSや映画の影響もあり、2018年初旬には撮影禁止になってしまっているようです。そんな香港の昔ながらの風景が残っているうちに香港を訪れて、現地のベスパメンバーとアイクリームを食べに行くツーリングに行きたいものです♪。

再见!