帰国後、レンタカー。

渡航中は事故や傷、トラブルもなく借りた自動車を返却することが出来ました。
帰国後数週間。
レンタカー会社から信号やスピードでの違反金請求も無く、払い過ぎている分も交渉したら帰ってくる事になったので、何よりです^^。
ドラマ・サバイバルウエディングではパリコレに行った編集長がRenaultレンタルしていましたが(ファッションやデザインを意識する編集長のこだわりか??という事で)、パリでRenaultをレンタルする方が難しいだろうなとおもいながら、現実はセグメントCに属するFiatでした。


*2018.08.22.

空港でレンタカーを借りる際、ターミナルビルから各レンタカー会社が入っている建物へ移動し、利用予定のレンタカー会社のカウンターへ。3つくらいある窓口は1つしか空いておらず、既に3,4組が並んでいました。一組一組何かしらトラブルや注文が増えているようで、これは時間が掛かるなと思いながら、自分はうまい具合にすんなり借りることが出来るか少し不安でもありました。しばらく待っていると自分の番が来て、カウンターの人も既にうんざりモードなのか手続きが滞ることなくカギを受け取ることが出来ほっと一安心でした。


*現地大型スーパーマーケットに併設されている書店にて。2018.08.25.

借りた自動車は大したグレードではありませんが、ディーゼルエンジン、6速。サイズ感や使い勝手も良く、日本でも正規販売していたら日本の道路事情を考えてもファミリーカーで欲しいなと思いました。


*2018.08.25.

今回は当初予約していたモデルの、“又は同等の車種”でこのfiatでしたが、モデル云々よりもMT主体の環境、警察官もドライバーに優しく、ドライバー同士お互いコミュニケーションの取れた道路事情で走る道路は自動車で運転していても2輪車で運転していてもストレスが無くまた走りたくなります☆