●Moscowのメンバーより、World daysの過ごし方。

以前知り合ったVespa Club Moscow(ベスパクラブ モスクワ)のメンバーの彼が、今年開催されたVespa World Days(ベスパワールドデイズ)に参加した時の様子が動画でまとめられていました。

ヨーロッパを中心とした世界各地からベスパクラブメンバーが集まるベスパワールドデイズですが、地元から自走で走ってくる方もいれば、仲間同士でトレーラーやトラックに積載してくる方、鉄道に乗せて運ぶ方など様々な手段で現地へ集まります。モスクワの彼は事前に仲間内で車両を発送してしておき、自身は飛行機でカリーニングラードへ向かい車両をピックアップする手段だったようです。それでも会場のZankaまでは約1,300㎞もあります。この間もただ移動に徹するだけではなく、その時間も含めたのが参加される皆さんそれぞれのワールドデイズだと感じることができます。

ワールドデイズは、主催者側が用意したケータリングやステージ、ミュージアムが開置されるVespa villageをはじめ各ツアーもありますが、それぞれ仲間同士、周辺へツーリングや観光に出かけ期間中は満喫しています。

彼の動画からは、その一例としてベスパワールドデイズの楽しみ方が伝わってくる内容と思いました。ベスパワールドデイズは、住んでいる地元クラブを通じてVespa World Clubへ申し込みエントリーすることができますので、この数日間を一緒に楽しんでみたい方はぜひ地元ベスパクラブへお問い合わせください。