JPN:KANPAI!」カテゴリーアーカイブ

Saigonよりお届け物。

今度友達が日本(東京)に行くから、前に話していたものを渡すから受け取ってね!
と3週間くらい前にベトナムの友達からメッセージをいただきました。

なかなか滞在先ホテルの連絡がなかったのですが、なんと当日に今日はここのホテルに泊まっているから~と本人から突然の連絡をいただきました(笑。急なので、明日はどこに泊まるのか?聞いたら東京を観光し成田。もう、今日しかない!と月末のことはすっかり忘れており、そう言えばと彼の泊まっているホテルへ向かいました。


*手持ちの物がなく、ホテルのロビーで会話をしただけですが、後ほどエアメールを送る予定。

Lambrettaオーナーの彼に持ってきていただいたのは、ベトナムで作られているベスパをモチーフにしたおもちゃ。空き缶を材料に作られているこのおもちゃは昔からお土産などでよく見かけるものです。缶に印字されているものもベトナム語なので、間違いなくベトナムで作られたもの。パッケージが雑な部分がありますが、形成を見ると車体も何か型ががあってそれに合わせて作られているのかなと思うほどパッケージにジャストフィットしていることに気が付きました。そんなところからある程度、人の手で流れ作業で作られているのかもしれませんね??


*タイガービール、コカ・コーラの缶を材料に作られた大小それぞれのおもちゃを届けていただきました☆。

ベトナムでもVietNam Scooter Daysと題して大規模なベスパに関するイベントが開催されており、今年は、つい先日の10月12日~14日にCan Tho(カントー)で開催されました。カントーと聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、ホーチミンから南西に直線で150㎞?の所にある街です。今年のVietNam Scooter Daysは500台のクラシック・ベスパにランブレッタが集まったようで、現地の写真を見ると2サイクルエンジンのスクーターたちが白煙を出しながら走っている光景は、今の日本から見ると公害にしか見えないかもしれませんがそのような光景も限られた地域になりつつあると思います。


*ベトナムの物で作られたというだけあり、ベトナム語が印字されています。

 

このVietNam Scooter Daysは、
2005 Da Nang
2006 Da Lat
2008 Dong Nai
2010 Ha Noi
2015 Da Nang
2018 Can Tho
と、不定期ながら開催していますが、政府の許可を得るために苦労しているそうです。許可を得られればプログラムにあるパレードも警察の先導により実施され、ステージプログラムも盛り上がっている様子です。

次回は、Hai PhongまたはNha Tra


*よくよく思えば、どれもサイズ・作りが統一されており、パッケージも形成されているところを見ると、ある程度ライン生産されているように思いました。

ngにて開催が予想されるとのこと。今のご時世、東アジア・東南アジアでそれだけ集まることが許されているのも限られていますので、興味があればぜひ今からアンテナを伸ばし、イベント参加に挑んでください!

アジアのベスパ環境も非日常的でなかなかの魅力です(笑

19th Vespa Brunch 2018。

今年も10月3連休はVespa Clubが主催するVespa Brunchでした!
19回目を迎える今回は”Sprint”がテーマ。

今年も九州の方が前乗りをし、私の家を利用し一緒に参加をしました。
毎年ここで再開する仲間たちを楽しみにしている方、今回初めて参加されていた方、親子で参加されている方等、多くの人々で広場は賑わっていました♪。
近年はメーカーでもオーナーさんたちを集めたイベントも開催しているので、VespaClubが音頭を取ってオーナーさんたちで開くこのイベントの良さも出てくるのかなと思いました。

本当にこの日一日、この連休がアッという間でした。
中でも一番印象的だったのが、次のきっかけが生まれたことです。

九州よりこのイベントのために前乗りしていた方と行った原宿のカフェ。そこで知り合った方。
全然二輪に興味が無かった方とお知り合いになり、イベントを紹介したところ翌日お友達の方を連れて会場にきていただきました。
最終的には、彼の携わるベスパに関する商品を協賛品として提供していただき、彼のお友達の方も実は地元でベスパ乗っていたという事で、なんだかんだベスパがキーワードになっているのも確かなんだなという週末でした。(いろいろ話をしてみると私の勤めている会社も知っていたからまた驚きでした)

ベスパブランチが縁で知り合うことが出来、南アジア地域が開けそうになってきたので今後が楽しみです☆。

ベスパクラブ・カルボニア。

週末はイタリアからベスパクラブ・カルボニア(Vespa Club Carbonia)の代表兼ベスパクラブ・イタリアのメンバー(national council of the Vespa Club of Italy)の方とお会いしました。
カルボニアは支部の代表ですが、ベスパクラブ・イタリアは、それらイタリアの支部をまとめている大元みたいなもので、今年はベネチアで開催された各支部の代表、副代表、アドバイザー等約300人が集まる会議“CONGRESSO NAZIONALE VESPA CLUB D’ITALIA”の壇上に座っているメンバーです。(この会議では、それぞれのクラブの一年の活動、会計、翌年度活動予定を報告し、クラブとして今のベスパユーザーを離さない方法、新たにベスパユーザー・クラブメンバーを増やす方法が話し合われています)


*マルティナフランカの方より、出席した“CONGRESSO NAZIONALE VESPA CLUB D’ITALIA”の様子。

今回は従弟との方が日本に住んでおり、せっかく日本へ来るなら日本のベスパクラブの様子、交流をしたいというものでした。本当でしたら、一緒にベスパで東京の近郊でもメンバーの方々とツーリングをしたり、食事ができたらよかったのですが、私が渡航中に連絡をいただき、帰国後間もないタイミングだったので、日本でのベスパの様子が詰まっている知り合いの方のプライベートミュージアムへご案内をしました。

ポジションがポジションの彼は、特に初代ベスパクラブジャパンの様子を見ることができるアルバムに興味を持ったようで、彼も地元クラブの古いアルバム写真を見せていただきました。

年齢を聞いたらまだ30代半ばの彼。従妹の方は私と一年違いと世代が近く話は盛り上がり、インドネシアの時もそうでしたが、盛りの世代がポジションに就いて活動をしていました。

この日はさすがラテン的な考え方?を感じる一日でもあり、日本人とはさすが違うなと思った場面もありました。

2020年ももうすぐですし、1964年の出来事のようにイタリアからベスパで東京に現れる方、そのうちベスパワールドクラブ(各国のクラブをまとめているところ)のメンバーも日本・東京に来ることがあるかもしれません。私もいろいろな所へ顔を出したりと活動しないとですね(笑。

カタログありがとうございます!。

先日ヨーロッパバカンスに出かけていた台湾の方より、現地のカタログを送っていただきました!
送っていただいたのは、オーストリアバージョンのカタログです。
ちょうど私もフランスに出かけており、ディーラーにてカタログを入手しました。
エリアで言ってしまえば同じヨーロッパですが、地域によってカラーバリエーションなどに若干の違いが見られるので、見比べてみるとなかなか面白いです♪。

今年の夏は、日本を含めて3地域のカタログを入手することができました☆。
地域が広がるとラインナップの違いなども出てきますが、実車自体を見ていると欧州向けとアジア向けでは遜色ないことに感心しました。

ナポリ気分な一日☆。

本日は東京・中目黒へ。
この一年間ワーキングホリデーのため東京に住んでいた台湾でベスパに乗る友達が帰る前に渡すものを渡して、一緒に食事をしました☆。
合わせて、中目黒にはベスパを扱うお店が新たにオープンしたため、お店と、渡航前に日本で売っているベスパをチェックしました。

相変わらず酷暑の東京ですが、11時に駅で待ち合わせ。
今回ランチで行ったお店は、駅から数分のピッツァ食堂です。


*今日はバイクに乗らないので、ビールでカンパーイ。


*大ぶりのタコのサラダです。

ナポリで勉強をしていたオーナーさんの作るナポリピザはやはりおいしいく、東京に住んでいるイタリア人もよく訪れるお店だけあり、よりイタリアに近い感じがあるのかなと思います。
オープンの20分くらい前にはすでに並んでおり、私たちも並びご希望の席で食事をすることが出来ました。

食事の後は、中目黒にオープンしたベスパショップへ。知り合いの方のお店でもあり、久しぶりで話が弾み、キャンペーンのお土産も頂きました☆。
この夏のニューモデルのベスパも展示されており、新旧モデルの比較や、ベスパの特徴もいろいろ教えていただきました。
何よりも、中目黒の裏通りにある清潔感のあるガレージスタイルのかっこいいお店だなというのが印象的です。


*この夏のニューモデルと細部を比較。


*キリッとしてカッコいい印象です。

その後、駅前の甘味処へ立ち寄り冷たいかき氷をいただくことに。
この日は、11月のイベントの件で打ち合わせをすることもできて、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

続きを読む

東京の郊外・里山ツーリング♪。

今日はVespaClubTokyo主催のSummerTouring2018に参加しました。この日はメーカーの方も参加し、日本を旅行中のイタリア人、ご夫婦でのタンデムを含め色とりどりのベスパも集まり賑わいました☆。


*木々に囲まれるスペースにバイクを止めて、参加された皆さんと記念写真です☆。

前日までの台風12号の影響により当日の天気は心配されましたが、帰るころには天気も良く参加された方々は朝の天気なんて忘れてしまっているようにも思いましたし、私自身はすっかり忘れてしまうほどこの日は食べることも走ることもおなか一杯の一日でした♪。


*みなさん、それぞれのペースで楽しまれたようです♪。

エアコンの効いたコーヒー屋さんに集合し、
東京牛乳を生産している牧場ではジェラートを食べ、
清流が流れる温泉宿の食処では和食・天ぷらそばを食べ、
お寺では枯山水のお庭を眺めながらお抹茶を飲み、
畳で足を伸ばしたり、しながら休憩をしたり、

東京の郊外は交通量も少なく山々はミストがあふれ空気も澄んでいてとても気持ちよく走れました☆。


*とてもおいしいと評判の東京牛乳はここの牧場でも作られています。


*ヤギもお出迎え。


*WEASTLAND FARMオリジナルしぼりたてミルク☆。

雰囲気的には海外の方が都内出発のちょっと海外ツーリングするのにも和心を感じるのにも良さそうでした。


*代表自ら、参加された方々へのプレゼントを配られていました☆。

続きを読む

Hong Kongより遊びに来ました!。

香港よりHong Kong Scooter Powerというスクータークラブのメンバーがが遊びに来ました!。
ちょっと急なアポイントでしたが、私も興味がある香港。近所まで来ていただけることになったので、さっそく会おう!という事になりました。


*この日は家族で迎えました☆。


*カンパーイ!

さて、今回お会いしたのはベスパに乗り始めて1年の女性でした。彼女はVespaClubHong Kongのメンバーでもあるとのことですが、Hong Kong Scooter Powerというクラブの方が好きなようです。なんでも、小さいクラブですが、クラシックベスパ、モダンベスパに分け隔たり無くトラブルがあれば仲間たちが相談に乗ってくれたり手伝ってくれたりと何かと頼りになれて、どこかツーリングに行けば写真を撮り歩いて楽しんでいるそうです。


*一軒目はタコ焼きに、まずは一杯♪。


*二件目はお好み焼きと、東京の食べ物ではありませんが、平日でお店も好いていましたし、わいわいおしゃべりしながら食べられるのはどこの食事でも楽しいですね☆。

そんな彼女になぜベスパなの?と聞いてみたところ、彼女はベスパのほかにもサーフィンが趣味だそうです。職業はライフガード。彼女はサーフィンのために旅行に出てアジアを中心としたいろいろな国の波を楽しんでいるそうです。サーフィンが趣味という仲間たちも世界中にいて、いつでもどこでも仲間に会えるところが楽しいそうです。ベスパも世界中にクラブがあって、今回の私たちのように日本に来たら会える仲間がいるからベスパが良いそうです。また、自宅から海まで出るのにもベスパがちょうどいいらしく、彼女の愛車はET8というモデル(イタリアモデルET4)。ピンク色の車体は女性らしくとてもかわいらしいです。

続きを読む

オーストラリアより・Lambretta Club South Australia。

今夜はベスパクラブのミーティングで、Adelaideに住んでいるランブレッタ・クラブ・サウスオーストラリアのメンバーと新宿でおしゃべりでした♪。この4日間東京を観光したのち次はアメリカへ行くそうです。


*日本の成人男性の体格と比べてかなり大きいですね!


*ベスパがメインの私ですが、古い自動車雑誌などには当時日本が新車で輸入していた時の広告なども出ています。今回コピーして持っていったら、すごい興奮して喜んでいただけました。


*彼からも現地の古いカタログやステッカーなどをいただきました☆。私も50sやET3などvintageシリーズが売られていたころのオーナマニュアルやカタログをプレゼントしたところ、そちらもびっくりしながら喜んでいただけました☆。

LambrettaといえばMilano!Casa Lambrettaはもちろん、過去にLambrettaが生産されていた工場跡が今も残っているということで、彼らも訪れていました。給水塔が目印。やはりファンならたまらない場所のようです!。

彼らがLambretta工場跡地を訪れた時の様子はこちら。

ドローンから撮影された様子はとても素敵です。
当時は横切る道路はなかったようで、給水塔の下や周辺も建物が建っており完成された車両が並べられていたようです。何よりも戦中の写真を見るとそのころから残っているシンボルでもあります。


*そんなこんな、英語は得意ではありませんが時間はあっという間でした。彼はスクーターサービスショップのメカニックでもあるので、実はベスパも得意だったりするのです。8インチの150Superもオーストラリアに多くあるようで、興味深いことに当時は郵便局で使われていたそうです。


*彼からいただいた、カンガルーがシンボルになっているLambretta Club AustraliaとMagpie(カササギ)がシンボルになっているLambretta Club South Australiaのステッカやパッチ。国や地域のシンボルがクラブマークになっているのってスーベニア感があり素敵です☆。

話は尽きませんでしたが、彼も旅の途中なので今夜はここらへんで。
スクーター・オートバイが盛んな地域は楽しそうでその様子が伝わってきました☆。

イタリアより・Vespa Club BARI。

本日はイタリア・バーリ(Bari)のベスパクラブメンバーが東京を訪れるとのことで、短い時間でしたがお会いしました♪。
バーリと聞かれるとインドネシアのバリ(Bali)島を思い浮かべる方も多いかと思いますが、イタリアの南部港町にもバーリという土地があります。

いろいろなイタリア人に会っていくと、南の方に住んでいる方はどことなく色黒でおおらかな印象だなと感じていますが、今回お会いした方もそんな雰囲気でした。
日本とも同じよう一つの国といっても、北から南とその地域地域でやはり人の雰囲気が違うんだなと感じる今日この頃です(もちろん、個人的な見解でもあります)。

私も仕事終わりに駆け付け、彼らも門限があるようで?とても短い時間でした。おそらくお互いに話したい事はもっともっとあったことと思います。日本の道路事情、日本のバイク保険(税金)などそんな日本のバイク事情がとても興味があったようで。私も英語ができるわけではないので、久しぶりに紙とペンを取り出して数字的なところを説明したりしました。

バーリといえば海に面した地域。フェリーに乗って対岸にはアルバニア等また違う国にも行くことができる地域です。昨年彼らは、メンバー数十人でそんな3つの海を巡るツーリングをしたようで、その時の様子のお話を聞きました。

やはり、同じ趣味で気心知れた仲間たちとRoadTripするのは本当に楽しそうです☆。

今回、彼の所属するVespaClubBariのステッカーや、オリジナルのショルダーバック、生地製のバナーをいただきました。私も所属するクラブのバナーやステッカー、日本のベスパの古いチラシやカタログをお返しし、最後に記念撮影。

東京の後、彼らは金沢や京都を訪れ約10日間の日本旅行だそうです。今回日本を訪れるのは初めてとのことなので、イタリアに比べて日本のいいところ悪いところ、いろいろ見ていっていただけたらと思います☆。

Weekend in Tokyo 2018。

この週末はドイツからはsip scooter shopの代表と、台湾からはzelioniの代表が来日。韓国で落ち合って東京へやってきました!土曜日は富士山へツーリング、日曜日はベスパクラブ神奈川のミーティングに一緒に参加しました。


*富士山五合目までの道中は霧(雲)の中を抜けていくような道のり。日本の道路、ワイディングも官能していただけたでしょうか??


*世界遺産にも登録されている富士山に乗り物で行けるのはここまで。
もう少し晴れていればな~という正直なところもありましたが、雲の切れ間から見せる山頂付近が見えた時は、その場にいた皆さん思わず指をさしながらおお~と声を出していました。

続きを読む