PLAN」カテゴリーアーカイブ

今年はレンタルVespa946での夏休みはいかがでしょうか?

イタリア・Bolzanoのことを2つほど。
以前も、日本ではなかなか乗る機会がない車種でのレンタルをご紹介しました。
http://j-sbr.com/2016/06/10/2016061001/

今回は、ベスパ好きなら一目見れば一目瞭然の存在感を放つVespa946。ベスパシリーズの中でも群を抜いて独創的なデザインをしています。
モダンで優雅なスクーター、Vespa946。
その946で過ごす夏時間が実現できるプランがイタリアにあります。

日本ではゴールデンウィーク真っ盛りな4月28日~5月1日はイタリア・Bolzanoでは”tempo libero”という、簡単に言うとアウトドアフィスティバルが開催されており、VespaClubBolzanoもベスパ70年の歴史と題して、その歴史を見ることができるベスパの展示そして大型Apeでのケータリングをしていたそうです。
イベント公式WEBサイトはこちら↓↓
http://www.fierabolzano.it/tempolibero/vespa-expo.htm

VespaClubBolzanoのブースは日本に例えると、昭和30年代のオートバイ、スクーター、ラビット、オート三輪などを並べて来場者はその様子を懐かしむことができる雰囲気だったのではないでしょうか?。ベスパクラブのブースに限らず会場は多くの来場者でにぎわっていたようです。ボルツァーノといえば、以前東京でベスパクラブボルツァーノのバナーを交換したことでも記憶に新しいです。
その時の様子はこちら↓↓
http://j-sbr.com/2016/11/23/2016112301/

また、このときバナーを交換した彼からイベントの様子の写真をいただきましたので、こちらでお見せすることができるようになりました。

そんな彼からイベントの様子を伝えてくれたボルツァーノという土地ですが、オーストリアとの国境に近い山々に囲まれたリゾート地の一つです。

この地で古城をリゾートホテルに改装したResort Schloss Hotel Korbがあり、そこのホテルのプランではVespa946のレンタルが可能となっています。

続きを読む

旅先にmuseo piaggio。

最近ご無沙汰になってしまった方から今日はメッセージをいただき、今度イタリアに行ってFirenzeを日帰りで訪れるけれども、ベスパの博物館も行ったほうがいいかな??とのこと。日帰りでFirenzeを訪れてそこからさらにベスパの博物館があるpontederaを訪れ、博物館の見学だと結構おなか一杯のスケジュールだと思いましたが、だからこそメッセージをいただきました。

ベスパが好きならぜひとも一度は訪れてたいmuseo piaggio。Piaggio公式博物館なので普段滅多に見ることができないものも展示してあり見ごたえはもちろんです。それでもプライベートミュージアムとは違いマニアには物足りないところもあったり??で2回目はしばらく行かなくても思ってしまったりする方もいるようです。


Piaggio敷地内D’Ascanio通りにて*2016.08.26.

続きを読む

当時の痕跡を巡ってみましょう。

史跡、痕跡を巡る旅。歴史背景を探索しつつ今に残る痕跡を巡る旅もちょっとしたブームのようで、テレビでも歴史をたどる番組も数多くあります。ベスパの歴史も2016年で70周年を迎えましたが、その70年間の間に各地でベスパが生産されてきました。私は現在稼動中のイタリア工場、ベトナム工場しか訪問したことはありますが、各地で生産されたベスパの工場の痕跡と言うのは今もなお数多く残されています。旅行で訪れた際に、ちょっと足を運んでその痕跡を訪れてみるのも面白いかもしれません。


*フィレンツェから電車でアクセス可能なイタリア・Pontedera駅。駅のホームから見えるPiaggioのマークは、かつて使われていた給水塔。ホームに降り立った瞬間から痕跡を見つけることが出来ます(工場自体は2017年現在も稼動中)2015.08.25.

続きを読む

Piaggio Ape Calessinoのレンタル。

スクーターを半世紀以上作り続けているPiaggioの代表ブランドと言えばVespa。50年代当初よりべスパをベースに働く乗り物として形にしたのがApe。日本では50ccベースのべスパエンジンを搭載したタイプのApeがお馴染みです。現在も現行のApeを輸入している業者も見られるので入手も可能で、ミニカーカテゴリーの枠で登録をする事が可能です。

日本にとってあまり馴染みのないのが、大きいサイズのApeシリーズ。排気量も200ccシリーズ450ccシリーズで、50年代当初より人を乗せて運ぶことのできる”Calessino”というモデル。その雰囲気から憧れる方も多いかと思います。もちろん、これを書いている私本人も(笑。

*2015.08.29.パリにて。2016年現在、販売されてるタイプのApe Calessino。パリ市内の観光で使われておりました。

続きを読む