TWN:KANPEI !」カテゴリーアーカイブ

東アジア・ベスパの国、台湾。

今回台湾を訪れた目的はもう一つ、かつてVespaが生産されたその土地を訪れるという事でした。
今回は、その記録、痕跡が残る2か所を訪れることが出来ました。


台湾彰化県に今も残る羽田機械股份有限公司(Yeu Tyan Machinging Co.)の跡地。こちらは門の様子が当時の雰囲気をそのままに残していました。生産ラインに使用していた建物も今も残っている様子。


*今年参加したVespaDayTaiwanでは多くのModernVespaが目につきました。台湾では世代が変わってもベスパが愛され続けている表れと感じました。

▼2018 21st Vespa Day Taiwaの様子はこちら
2018 21st Vespa Day Taiwanに参加しました!。

今回、台湾を訪れた中で最も当時の面影を残していたのは彰化県にある羽田機械股份有限公司(Yeu Tyan Machinging Co.)の跡地。羽田機械股份有限公司は”比雅久”というエンブレムが付くベスパを生産し、後にPGOという社名になりました”比雅久“ってどう読むのか難しいですが、”Piaggio”と漢字で表現されています。”偉士牌”(こちらはこれでVespaと読めますね)に比べて比雅久(Piaggio)のネーミングで販売されていた期間こそ短いですが、その後は自社ネームにて販売し、現在は大学の敷地内となっている部分も多いですが、入口の門などは当時の形を残しております。また、当時の広告では工場の様子を映し出す航空写真を掲載しているものもあり、それをGoogleMAPと照らし合わせても土地の作り、道の作りがそのまま今も残っています。


*”おじさん”と呼ばれるスタイルでベスパが台湾の街中を抜けていく様子。特有の大きなウインドスクリーンを取り付け人々の足として道具として使用されていた名残を今でも稀に見ることが出来ます。Keelung,2014.01.12.

続きを読む

2018 21st Vespa Day Taiwanに参加しました!。

同時期イタリア・ミラノではEICMA(ミラノショー)が開催され、ベスパブースでも2019年モデルのお披露目、Elettricaの試乗が出来たりと賑わっている様子が日本にも届きました。

台湾では、11月10日にVespaClub主催の第二十二屆台灣國際偉士會師(21th VespaDay TAIWAN)が屏東(ピントン)にて開催され、こちらも近年と比べると大盛況の年だったそうです。そんな台湾のベスパイベントへ有志を募って日本から参加しました!

会場は大鵬灣國際賽車場(大鵬湾国際サーキット)にて開催され、サーキットのピットエリアに約60の協賛メーカー、ショップ、クラブのブースに加えフリーマーケットのスペースが設けられていました。パドックスペースでは約25のケータリングが出展され、間のスペースが来場者の駐車スペースになっていました。駐車スペースではベスパが4列に並べられ、来場者のベスパで埋め尽くされました。高台より写真を撮った時点では約1000台いる計算だったので、延べ数にすると大変多くのベスパオーナーさんたち、ベスパラブメンバーが集まったと思います。そして、サーキットメインストレートでは0-400が開催されており、モーターサイクルに乗る服装であればだれでも参加できたので、たくさの人たちが直線でアクセルを開けて楽しまれていました。


*開場より1時間程度遅れての到着でしたが、既に入り口付近まで参加者のベスパで埋め尽くされていました。


*今回はZelioniさんにお世話になり、彼の仲間たちと台南から屏東へ!


*イベント記念ヘルメットを事前に受け取れるよう手配して頂き、メンバーの方の提案で私たちのオリジナルステッカーで揃えました☆。

続きを読む

週末弾丸台湾モーターサイクルショー。

先日3月は東京モーターサイクルショーが日本で行われ、国内外のオートバイメーカー、関連メーカーが多く出展しており、来場客も大変多くとても賑わっておりました。
モーターサイクルショーは何も日本だけではありません。ヨーロッパでは11月にイタリアで行われるEICMAをはじめ数々のショーが開催され、アジアもこの時期台湾・ベトナムでもショーが開催されております。海外のショーってどんなんだろうと興味を持ったことがありませんか?日本のショーにも海外からの出展は多くありますが、やはり気になるもの。とは言え、ショーに行くにしても休みを利用して無理が、、、と思いきや、海外のショーの見学も可能なのです!。


*台湾でのモーターサイクルショーは、自動車部品、電気バイク・自動車展と併設されて行われており、オートバイもスクーターを中心としており、メーカー車両の発表会というよりは、各部品メーカー、カスタムメーカーのビジネス出展と言うのが特徴的と思います。


*2016年3月に行われたtokyo motorcycle showも大変な賑わいを見せなかなか気になる車両に近づけなかったりも??。2016.03.27.


*tokyo motorcycle showの来場客に用意されたオートバイ用の駐車場も多くのバイクで埋め尽くされておりました。

さて、ウイークデイ仕事をしているのに、どうやって海外のショーを見に行くのか?と疑問に思うと思いますので、週末弾丸台湾モーターサイクルショーの流れをご紹介します♪。

近年、台湾へのLCCの便も増えてきており、その関係で特に早朝、夜間出発と言う便が出来てきています。LCC=格安航空運賃の飛行機と言う印象もありますが、ある意味時間帯が良いので週末を使ってショーの見学が可能なのです。
では、今回利用したフライトはどのようなものか。
今年の台湾モーターサイクルショーは4月6日(水曜)~9日(土曜)と言う日程なので、土日休みを利用する場合は、土曜日の入場となります。

利用した飛行機のフライトは、
4月9日(土曜日)
5:55am 羽田空港発
8:25am 台湾台北 桃園国際空港着

4月10日(日曜日)
20:45pm 台湾台北 桃園国際空港発
4月11日(月曜日)
1:00am 羽田空港着

と言うのも。初日は9時半には空港に出れるとして11時前には会場付近の台北101タワーまでたどり着け、帰りも、18時ごろ市内を出発すれば空港に戻ることが出来るので、ショーの見学もしつつちょっとした市内観光や食事を楽しむことも可能なのです。もし、1日しか時間が無いと言う方でも、同じフライト時間で帰ることが出来るので、日帰りと言うのも、、、可能です。

なおかつ、今回の航空運賃は往復10kgまでの預け荷物を含めて約3万円と言う価格。しかも早期割引であればもっと安くなりますが、この価格帯で直前まで購入が可能なので、来週行こうかな~?と言う思いつきでも行けてしまうのが嬉しいところです♪。

しかし、自宅から空港への往復時間帯は公共交通は動いていないけれど、どうするのか?。
タクシーと言う手もありますが、そこはご自分の自動車、オートバイを使うのです。

その利用方法はこちらで紹介をしています。
* バイクで空港へ。

さて、実際にどのような様子だったか、ご紹介します☆。

続きを読む

週末台湾へ。

ちょっと台湾に行く用事が出来、台湾でのモーターサイクルショーも時期が時期。いろいろと買い物をしたかったので、行ってきました!1泊4日週末台湾!(笑。

▼その週末だけで台湾に行く方法はこちらで書きました。
週末弾丸台湾モーターサイクルショー。

台湾の友達も、休みだったり、時間を合わせたりし、久しぶりの友達に会えたり、一緒に食事をしたり、お話をしたり、台湾でのバイクの運転も楽しんだりと楽しむことも出来ました♪。


* 3年前、始めて台湾を訪れた時と同じ場所で記念写真。たった3年ですが、面子が入れ替わったり、様子が変わったりです。
2013年の事はこちら→http://j-sbr.com/2013/02/13/2013021902/


* 今回は、機会を設けて頂き台東のベスパクラブの会長さんとバナーの交換をしました。2年前台北を訪れた時に連れて行って頂いた日本テイストの居酒屋さんも彼が経営をしており、こちらのお店もそんな雰囲気があり、日本からの旅行者としてはあまり台湾に来たかんじも無く違和感無く焼き鳥を頬張っておりました(笑。


*台湾にしかないCAFEスタイルの吉野家。吉野家の牛丼屋さんイメージがまるで無いオシャレカフェでした。


*こちらはメニューの雰囲気。


*今回頼んだものは鉄のフライパンにご飯は白米では無く雑穀米、薄味の牛丼。そして色とりどりの野菜がセット(自分はフルーツと野菜の組み合わせタイプをオーダー)になっており、日本円で約1000円。とても健康志向なメニューですが、おしゃれで美味しく吉野家の牛丼を頂くことが出来ました☆。

続きを読む

TaiwanTouring 2015年1月 その2。

TaiwanTouring 2015年1月その2です!

▼東京を出発してからのその1はこちら。
TaiwanTouring 2015年1月 その1。

永安漁港で採れたて新鮮の魚を頂き満腹。昨日からフルタイムで動いているので、お疲れ気味の私ではありますが、新竹に向けて距離を稼ぎます。新竹の市街地まで30kmくらいですが、道中彼の友達と合流しました。田舎国道をひたすら進むとたまに目にするフルーツ農園。この時期は苺が旬なのでそのような看板を良く目にします。せっかくだからと、一件の苺農園へ寄ることに。苺摘み体験か、パックで売っているものを買って食べるかと言うもので、あまり時間もとると後々響くようなので苺を1パック購入しその場で食べましたが、甘酸っぱい大粒の苺は大変美味しく、苺摘みといえば練乳をかけて食べると言うイメージもありますが、このみずみずしい苺には不要でした。気を利かせていただき、畑の方も見せていただき、そちらも多くの観光客が苺摘みを楽しまれていて、日本と変わらない風景でどこか落ち着きを感じました。


*カメラを向けるとポーズを取って貰ったお友達さん♪。

すっかりお任せでJIDI君に付いて行くだけとなってしまいました。先ほども書きましたが、疲れ気味だったので、早めに休憩したいな~と思っていたのですがなかなか目的地へ到着しません。向かう先を聞いていても地図で細かく確認をしていないので、どの方向へどのくらい向かうとかは、、、(笑。到着した先は内湾車站(Neiwan st)。台北市内から新竹に向けて西に進んでいたのですが、今いるところは新竹から南へ30km行ったところの山間。山間の川沿いに進んでいたので渓谷となっている場所。駅自体は1951年開業なので戦後。しかし、内湾線の終点であるココは観光でも栄えており、日本時代に作られた吊橋が残されておりました。私は、今回バイクでこの土地を訪れましたが、DRC1000と言う黄色い電車で新竹からこの終点までの列車移動もなかなか良さそうだと、他の方のホームページを見て感じました。電線を使い電気で走っていない気動車でもあるので、なかなか風情を感じることも出来るのではないかと思っています。

続きを読む

TaiwanTouring 2015年1月 その1。

先週のベトナム旅行に引き続き台湾へ!

▼ベトナム旅行の様子はこちら
VIETNAMで新年を迎える2015。

台湾は昨年の11月に行きましたが、その際にこっちも遊んできなよ!とまたまた昨年の9月に東京で遊んだ方が言っていまして、11月は既に旅行のスケジュールを別グループにお願いしていてなかなかすり合わせも大変そうなので、日を改めてと言うことでこの成人の日の連休を利用して行きました。今回は、現地での時間の使い方の都合上初のLCCを利用しました。現地ではフルで滞在できるスケジュールですが、日本でのスケジュールはなんともカツカツでちょっと大変でした(汗。特に出発前に借りようと思っていたポケットWifiのレンタルが時間の都合が微妙すぎました(汗。


*朝日がとても眩しい成田空港出発ロビー。


*空港まで迎えに来ていただき、そのまま彼らの友達がやっている料理屋さん”飛月小館”へ連れて行っていただきました。


*出てくる出てくる料理が本当にどれも美味しかったのです!。また、台湾を訪れた際は是非ともまた、ここのオーナーに会いに行きつつ行きたい所となりました。飛月小館 台北市新北市永和區秀朗路2段379號


*飛月小館の店の前の通りですが、メインの大通りから中に入っている部分なので、なんとも台北市(新北市)の日常の生活の光景が広がっていて、そんな通りを眺めていても飽きることがありませんでした。と、この写真は昼間に走るゴミ収集車。話だけは聞いていて今回初めて見る事が出来ましたが、エリーゼのためにを流しながら街中を走るゴミ収集車。その音を聞いてゴミをもって家から出てくる人々。まさに、話に聞いていた光景を見る事が出来てワクワクしました。


*ランチの時間が終わり、お店のテーブルで宿題をやる光景。

続きを読む

TAIWAN touring Jan. 2015。

昨年のこの時期も台湾へ出向いておりましたが、今年も台湾に。今回はいつものメンバー所ではなく、”黑狗兄”(ヘイゴンシュン)のメンバー元へ行きました。最終日となりましたが、JiDi君にエスコートしていただき昔からベスパ(偉士牌)を扱うお店を何件か案内・紹介をしていただき、また台北から新竹までのツーリングをしております。

道中、台湾におけるVespa事情なんかもまたより深く見ることが出来ましたが、何よりもツーリングの道中はさまざまなところを案内していただきました。途中宿泊しました町では台北の友達が話を聞きつけて駆けつけて来ました。本当であれば旅行の日程も、もう少し長ければ会いたいとは思っていたのですが、なんとも思いがけないうれしい出来事でした。そして、移動中に立ち寄った苺園。ここでも、なんだか話が進むことになったりと、JiDi君の人柄には本当に感心してしまいました。

今回の最終目的地であります、新竹の中心部から少し離れたところにあります“鄧南光(デン・ナン・グアン)影像記念館”。ココは町全体が日本時代の面影を多く残したところで、この記念館もその時のもの。また館内にあります装飾品、家具類も日本時代の物が集められていたりとなんとも雰囲気の良いところでした。日本時代とは時代が違いますが、かつて台湾で走り回っていた自国のベスパも当時のまま展示されており、良い雰囲気であり、記念写真コーナーでは来館者がベスパと共に記念写真を撮っていました。どこか日本人が昭和30年代を懐かしんでいる感じと似ているようにも思いました。

もう既に帰るのみですが、とても充実した旅行です。Jidi君をはじめその仲間たちにはとても感謝しております。台湾は気温15~17度くらいですが、東京は寒いんだろうな~(笑。

VCT TAIWAN TOURを終えて。

旅行中は天気であったり色々ありましたが、無事日本からのメンバーは帰宅しました。
近年、台湾は海外旅行では人気の国であります。日本から行きやすかったり、なじみやすかったりするのが大きなポイントだと思います。そんなボクも何度か台湾を往復して、周りからそんなに??であったり、すっかりハマッタネ!とか、なんとか言われていますが、今回参加された方々はボクがどうしてこんなにもリピートするのかが理解できたようです(笑。確かに、普通に旅行に行っただけでも面白い台湾なんだと思いますが、この旅行も結構はまるんです♪。

今回は、日ごろボクの動きに興味を持って台湾に行きたい!と言う意思表示のあった方、東京、大阪、大分の4名で台北へ向かいました。日ごろ会うタイミングは無いのですが、4人ともここ最近イベントなどではお会いし簡単な打ち合わせをしていましたが、メインはインターネットでした。私を除き、すべて年上の方々でしたが年下の私に任せて信じて参加していただき本当にありがとうございました。

続きを読む

TAIWAN TOUR 2014。

只今ベスパクラブ東京主催で、現地の方に協力して頂き、東京の方、ベスパクラブ大阪の方、ベスパクラブ大分の方と台北に集まり、台湾でベスパに乗る方々と交流会を行っております。初の試み?ですが、参加されている方々はとても楽しそうです☆。

滞在も残り僅かですが、まだまだ続きます。
帰国後改めてご報告したいと思います!

謝謝!^^

Vespa小琉球。

連休中に行った台湾。台南で皆さんと合流した後はそこらベスパで南へ100km進み、船にベスパを乗せて小琉球(ショリョウチョウ)という島へ渡りました。

その時の様子の動画を編集・アップしている方がいますのでシェアします♪。
日本の環境になれていると、交通事情一つ取ってもあちらの環境に戸惑う場面は多々ありますが普段自分たちが遊んでいるような環境、それをあちらのグループに混ざって遊べると言うのはなんとも貴重な体験ですね。最近、東京も蒸してきたのでちょっと懐かしいです(笑。

再生はここから↓↓
http://vimeo.com/94210687