Dec 19, 2004

Tokyo JAPAN

10年くらい前を知る海外の人が今の東京を見た際、すっかり二輪車を見なくなったことも印象的のようです。
日本では2006年の道路交通法の改正により、違法駐車対策の強化が開始されました。
それまでは都内のあちこちで二輪車が路上に駐車していたり、放置されていたりする光景をよく見ましたが道路交通法改正に向け放置車両は撤去され、改正後の取り締まり強化により路上に止める車両も少なくなり街は綺麗になりました。

その後、海外での経済変化やビンテージ物の人気が後押しし、国内でもまとまった数で輸出されたと聞きます。実際に現地の方から確かに日本から輸出されてきたとも耳にします。
また、ヨーロッパの人も日本の店頭に並んでいるオリジナルペイントの車両も、表示されている価格は安いと言いますので、まだまだ海外からの需要はありそうです。

海外の一部では日本でベスパを作っていたと勘違いされるくらい工場から出荷された新車のベスパが日本に多く輸入され、街のいたるところで見ることができました。
今では販売を見てもきれいな中古車は少なくなった印象です。