ITEM : ハンドルマウントステイ

海外でも使えるポータブルナビ、ナビにもなるスマートフォン。手のひらサイズでも便利に使えるものが多く日常の生活でも多用している方も多いはず。バイクに乗りながらでもその都度確認のために停車をし、ポケットなどから出さずに常に手元でチェックすることが可能になるのはハンドル周りに固定すること。色々なハンドルにマウントが可能なステイが販売されています。

車種専用の物から、汎用品、個人で流用してみたりと選択肢はさまざま。バーハンドルになっているオートバイであれば比較的悩みは少ないかと思いますが、カウルで覆われているオートバイは選択肢が限られてきます。

私の場合は、ベースとなる部分さえクリアすれば、自分の所有する他のタイプのスクーターや、レンタルする際に希望の車種が割り当てられなくても用途をこなすものを利用しています。また、分割できるので部品単体でも持ち運びが簡単です。

*このアイテムは3つの部品に構成され、その人の用途に合ったものに組み合わせることが可能です。


*ミラーを固定している根元が使えなくても、棒の部分で固定することが出来るのでほとんどの車種で取り付けることが可能。オートバイ専用ナビでも重さで下がることも無く便利。


*世界的なメジャーなナビであれば、専用のマウントも用意されているので安心して固定することが可能です。


*組み合わせを変えて、違うオートバイに取り付け。

また、このメーカの場合汎用性を考慮しているので、世界的にメジャーなスマートフォンやオートバイ専用ナビに対応する製品もあるので、しっかりと固定することが可能となっています。私の場合は、スマートフォンだけは入れ替えるタイミングもあるのでどのモデルでも取り付けが可能な自由度の高いホルダーを使っています。ヨーロッパの石畳を勢い良く走っても落ちることがありません。ただし、海外の場合はひったくりも懸念されるので、念を入れてストラップでつないでおくと安心です。

レンタルバイクなどで取り付けを行う場合が事前に取り付けても構わないか、お店で確認を取りましょう。

← ITEM